ここなっつこむ

株主優待、米国株、横浜の生活、子育てについて書いていきます。

一般信用売りを活用して、株主優待をもらおう!

   

株主優待をもらうために、株を買ったら、権利落ち後に株価が下落してしまい、損をしてしまう。
そのようなことを防ぐためにツナギ売りという方法があります。

”ツナギ売り”をつかうと、株価が下落することを気にせずに、安心して取引ができますよ。

ツナギ売りとは?

”ツナギ売り”とは、現物取引と一般信用取引を同時に行います。
権利付最終日(株主優待の権利を得られる日)までに、現物取引の買い一般信用取引の売建”を同じ値段で同時に行います。
その後、権利落ち日に品渡(しなわたし)という方法で決済します。
権利落ち日には株価が下落することが多いですが、下落すると、現物株式は損がでますが、一般信用取引では利益がでるので、
株価の下落の影響を受けずに済みます。

優待の品々


IMG_5018

アワビといくらとめかぶの醤油漬け
IMG_5195

松坂牛入りのハンバーク
IMG_5194

山形牛
IMG_5511

これらはぜ~んぶ、優待でもらったものです。
”ツナギ売り”を使って、株主優待をお得にゲットすると生活がいつもよりすこしリッチになり、身も心も満たされますよ。

 - 株主優待