ここなっつこむ

株主優待、米国株、横浜の生活、子育てについて書いていきます。

レコーディングをすればするほどお金がたまる!

      2016/02/22

スポンサーリンク



嬉しくなってレコーディングしていたら、だんだん収入がアップしました。

レコーディングとは記録のことです。
レコーディングをしていたら、だんだんと利益が増えてきました。
なぜなのでしょう。

なぜ、レコーディングをはじめたのか?

まずは、2014年
はじめて、日本株でのキャピタルゲイン(値上がり益)がでたのです。
三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306)で828円でした。
それがうれしくてうれしくて。
なんとなくエクセルに打ち込みました。

翌月は、日本株では、積水ハウス (1928)、キヤノン (7751)などのキャピタルゲイン、アメリカ株では、AT&Tでのキャピタルゲインなどがでて、5,251円手にすることができました。

そして、記録を続けて3カ月の合計が、10,000円超えました。

それから淡々とレコーディングしていくうちに、2015年はなんと75万の利益をだすことができました。

レコーディングの方法

レコーディングの方法はとっても簡単です。
もらった利益をエクセルに打ち込むだけ。
ちなみに、株主優待でもらった優待券ももちろん利益に加えます。
アンケートで答えてもらった500円のお礼などもすべてです。

なぜ、レコーディングが大事なのか?

人間の記憶ってとても曖昧です。
これって、家計簿をつけてみればわかるのですが、レシートをだしてつけていると、あれ?こんなに使ったかな?ってなります。
あとで振り返ると、必ず自分が使ったと思われる金額と、使った金額の誤差でます。
それを確実なものにするのが、レコーディングなのです。

ここでの、レコーディング(記録)とは、いうことは、この場合は、株などで儲けた履歴を書いていくということなので、後で眺めると、増えているな~とか今月は少なかったなとか振り返ることができて、次からはこうしてみようとか行動を起こすことができます。
また、増えていく利益を書いていくので、利益をより実感できて、さらに、がんばろうと思うことができます。

つまり、レコーディングするだけなのに、利益がでるのです。

レコーディング、ぜひ試してみてくださいね。

 - 運用 , ,