ここなっつこむ

株主優待、米国株、横浜の生活、子育てについて書いていきます。

ドルコスト平均法が一番安心できますね。

      2016/05/20

スポンサーリンク



ドルコスト平均法とは?

毎月決まった金額を買い付けていくことです。

ドルコスト平均法のメリットは?

枕を高くして、ゆっくり、眠ることができます。
つまり、精神的に安定します。

翌月、下がったら買い増すことができます。
例えば、先月に10株購入したものが、下がって入れば11株購入することができますので、株数を増やして購入できれば、配当もその分増えますよね。
逆に、上がっていれば、値上がり益が増えたと考えることができます。
どちらでもいいと考えることができれば、安心できます。

ということは、ずっとはりついて、ネットを見る必要がありません。
会社員の方は、トイレにこもってスマホを見る必要がありません。

ドルコスト平均法のデメリットは?

デメリットも考えてみましょう。
それは、株価が下がったときに買うときと比べると儲けは少ないです。
ただ、相場が上がるのか下がるのかは、誰にもわかりません。

だったら、一喜一憂せずに、たんたんと毎月決まった金額を買い付けるドルコスト平均法は、先ほども書きましたが、精神的に安定して、配当ももらえて、いうことなしですよね。

 - 投資について